極東での微修正が始まった駐留米軍

 以前に在日米軍の撤退ということを述べたが、ここに来て微修正が始まった用である。これまで日本政府と自衛隊については国民からアメリカ追従の政府、米軍追従の自衛隊という見方をされて来たことは否定できない。このために憲法改正の目的はアメリカと共に戦争をするためだとか、自衛隊の増強は米軍と共に戦争をするためだ等の意見が出されて憲法改正は予定通りに進んでいるとは言えない状況にある。
 そこで動き出したのは、これまでと違いアメリカが日本とベッタリにならない様に距離を置くという方式である。これにアメリカと裏で連携する中国の尖閣諸島で活動する中国海警局の動きを社会に見せることで日本には危機感が高まり憲法改正がこれまでよりも容易になるとの考えである。
 極東に駐留する米軍も在韓米軍を置かなくても朝鮮半島には在日米軍が対処すれば良いとの考え方になり、在日米軍は撤退する可能性が極めて低くなった。また日本に駐留することで駐留経費を日本に負担して貰えるメリットがあり、これにプラスして何らかの理由を付けて日本にはグアムの駐留経費までも負担させる可能性が出て来ている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − sixteen =