日本がファイブ・アイズに加盟するメリットはあるのか

 河野太郎は、防衛相当時に米英が主導する機密情報共有の枠組み「ファイブ・アイズ」との連携に意欲を示し、「日本も近づいて『シックス・アイズ』と言われるようになってもいい」と語っている。
 ファイブ・アイズとはイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド5カ国の諜報機関による秘密情報ネットワーク協定でUKUSA協定と呼ばれているが、改めてファイブ・アイズに加盟しなくても日本は既に「ファイブ・アイズ+3(ドイツ、フランス、日本)」により一部の情報を共有している。
 ファイブ・アイズ加盟国であっても他3カ国は米英レベルの機密情報を共有させてもらえるわけではなく、まして日本が加盟しても最高レベルの情報が共有されることは間違いなく無い。過去、自衛隊がイラクに派遣された際に、自衛隊は派遣国が構築した情報ネットワークにアクセスして情報を閲覧できたが、そこにはフィルターが掛けられ秘密情報にまでアクセスすることはできなかった。これと同じ事が起きるはずである。
 大きな問題は、ファイブ・アイズに加盟している国の中には日本のネットワーク及びサーバーを監視する任務を与えられている国が1つ存在し、その他に日本のネットワーク及びサーバに対する攻撃を仕掛ける任務を持った国が1つ存在し度々サイバー攻撃を日本に仕掛けていることである。白人国家はサイバー空間では後進国である日本に対してネットワークを保全する技術情報とハッキング技術情報を教えることは無い。彼等は対中国との為であると言っても、対日本の経済政策もあるためである。日本にとっては友達の振りをしたイジメグループに入り、イジメられていることにも気付かない事が問題である。日本にとって加盟のメリットは無い。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です