トランプを下げ、バイデンを上げる日米の報道を見ると日本は米民主党系の影響を受けているのか

 11月に入り間もなくアメリカでは大統領選挙が行われるが、これまで日米のマスコミはイメージ的にトランプを下げてバイデンを上げる報道をしてきた。選挙戦のさなかにバイデン親子の不祥事が出ても報道されることはなく無視を決め込んでいる。日本のマスコミも同様であり、日本のマスコミは米民主党系の影響を受けているのかと危惧されるが、実はその様なことはない。
 アメリカの大統領選は米国民にとって全米で行われる大きなShowTimeであり、ガス抜きの場なのである。そのため日米テレビとしては口の悪さで定評のあるトランプを叩いた方が番組になるのである。いずれにしても民主党が不正をしなければトランプが当選するであろう。
 実は共和党も民主党も米エスタブリッシュメントにとって一緒である。言うことを聞く大統領であれば共和党でも民主党でも問題はなく、言うことを聞かなければ暗殺するだけである。選挙の影響を大きく受けて困るのはアメリカの国民であり支配する側は困らないのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です