クローン人間の問題点と現状

 ネット内では人間のクローンが話題に出るが、今回は、クローン人間の技術上の問題点等について述べていきたいと思う。
 そもそも人間のクローン作成が始まった目的は、ソルジャーとして戦闘で使用することにあった。未だに当初の目的であるクローン人間のソルジャーは誕生していない。しかし、アメリカ国内では有名人等のクローンが存在すると話題になるが、クローン人間が多く存在するのはアメリカなのであろうか。実はアメリカよりもヨーロッパの方がクローン人間の数は多いのである。何故、アメリカはクローン人間の話題が出て、ヨーロッパのクローン人間の話題が少ないかと言えば、アメリカのクローン人間の話題は目眩ましの役割があり、クローン技術そのものと他の開発国に目が向かない様にしているのである。
 次に、クローン人間のソルジャーが生まれない理由について述べる。クローン人間はオリジナルの人間と見た目が同じで脳のコピーもUSB的な物にコピーしクローンに移植する方式である。まるでソードアート・オンラインのフラクトライトのコピーにも似ている。実はここに大きな問題があったのである。
 それは、会話、意見等も発表できるが学習する機能が不完全なのである。バイオハザードのアリスはクローンであるが知識と経験を蓄積していける。人が作ったクローン人間は、脳をコピーした時点以降は人間として知識と経験を積むことが出来ないということであり、コピーが完了した時点よりも知識を発展させる事が出来なかった。これでは、いくら訓練を重ねても精強な戦士には成れないのである。この事から言えるのは、人間の脳は我々が予想する以上に複雑で高度なものなのである。
 二つ目の問題は、口から食料を食べてエネルギーにすることが出来ないため、別にエネルギー補充用の装置が必要になる事である。
 三つ目の問題はは、ソルジャーとしては大きな問題にはならないが、人間社会で運用する際に問題となるのは皮膚が普通の人間と明らかに違うのである。クローンだとしても人間と同じ皮膚を作ることが出来ないということである。このため、人前ではゴム製のかぶり物をする必要性が出て来るのである。
 現在も各国は引続きクローン人間の研究・開発を進めているが、中国は共産党政権であるため、非人道的な人体実験を重ねても情報を封印出来ることからクローン人間を更に進化させているかも知れない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =