最近テロが減少した理由

 2020年12月20日、イラク・バグダッドの旧米軍管理区域にある米大使館を標的にロケット弾が撃ち込まれ、少なくとも8発が区域内に着弾し居住用建物と検問所を直撃、建物や車が破損しイラク軍兵士1人が負傷した。米当局者らはイランを後ろ盾に持つ民兵がイラクにある米国の施設を攻撃したと主張しているが、イラン系の組織は犯行を認めていない。
 以前は頻繁にテロ行為が起きていたが最近はほとんど発生していない。
 理由は二つある。一つ目はテロ攻撃よりも新型コロナウィルスの感染拡大に注目させるためである。それは、テロ対策として武器・弾薬を政府に売りつけて儲けるよりも、新型コロナウィルスの脅威を必要以上に煽り、ワクチンを購入させる方が効率が良く需要も大きいためである。
 二つ目は、新型コロナウィルスの拡大により、これまでテロに回していた金がコロナ対策に奪われているためとテロ資金を供給してきた企業の売り上げが減少したことで、テロを起こすための要員確保と武器に金が回っていないということである。全てが金儲けに繋がるのである。この視点から見ると、ロケット弾8発の値段は同時多発的なテロに比べると遙かに安い金額である事が理解出来ると思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + 16 =