新型コロナウイルスの変異型と各国政府の対応

 現在、日本でも新型コロナウイルスの感染でイギリス型が発生したとか南アフリカ型が発生した。異なる新たな変異種が検出されたなどと報道されているが、厳密に言えば日本ではイギリス国内で発生しているイギリス型ではなく、イギリス型に似ているが、日本型と言う事が正しいのである。その理由は、以前から述べている通り、個人が持つ遺伝子配列の違いに合わせて4種類の新型コロナウィルスは変異していくためである。国内で発生したイギリス型の感染経路が不明と言う事もこれで理解出来ると思う。しかし日本の研究は未だウィルスの実態を把握しておらず、海外の報告を準拠としていることから医療現場に合わない政策が続くであろう。
 そして新型コロナウィルス用ワクチンと称する物は効果が無いのである。イスラエルでは新型コロナウイルスワクチンを接種した国民は非常に多いが、感染者は爆発的に増加している。つまり効いていないのである。それはイスラエルという国家が出来る前はユダヤ系民族として世界に散らばって生活し混血も進んでいる事にある。そしてユダヤ系の恐いところは、目的の為には同族でさえも犠牲にするところである。今、製薬会社は金儲けをする時期でありワクチンの弊害が発覚する前に売り捌きたいのである。
 そして世界各国は新型コロナウィルスワクチンの接種を進めているが、多くの方は世界的に何かがおかしいと感じていると思う。新型コロナウイルスを出現させた目的は人口の削減と経済の破壊であると述べてきたが、地球が自らをリセットする前に、増えすぎたと言われる人口と環境破壊をもたらす経済活動を人類が主導してリセットするためなのである。日本の緊急事態宣言も何か中途半端なのも、マスコミ報道でマスク着用を薦めるのも飲食店のみをターゲットにしているのも全て支配層のから降りてきた指示を受けて各国が目的を達成する為に何とかまともに見える様に動いているからなのである。
 その中で、日本政府の動きは特に酷いものである。流石に戦後アメリカ民主党が政権を担っていた時に創られた自民党であり、アメリカ民主党以上に70年以上も経過すると不正は蔓延している。新型コロナウイルス対策としての給付金はアメリカが個人に直接給付する方式であるが、日本は違う。厚労省によると「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は、新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対し、支給します」となっている。これも申請方式である。つまり国民ではなく政府関連企業を支援しており、ここにも政治の利権が存在する。国会議員の誰一人として「新型コロナウイルス対策のため歳費の半分を国庫に返納します」とは言わない。710名の国会議員定数は無駄であり、1/3にしても問題はないと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です