映画作成の拠点はハリウッドから移転する

 2021年10月12日現在の情報では、近い将来、世界的な映画作成の拠点はハリウッドから韓国に移転する事になったと聞いている。その為なのか、ハーバード大学は韓国の映像技術を賛称している。
 また、カリフォルニア州ロスガトスに本社を置くNetflixはインターネット回線を通してコンテンツ配信サービスを提供しており、加入者数は今年の1月には2億人を超えている。イギリス、フランス、オランダ、カナダ、ブラジル、インド、日本、韓国にオフィスを置いているが、Netflixで独占配信された韓国ドラマは世界的にヒットした事から同社は韓国コンテンツへの投資金額を増大させ映画の制作にも力を置くとしている。
 2020年5月には、サムスン電子のコンピュータ及びその他の電子機器等を利用した芸術に対して海外メディアが賛辞を送っている。
 昨年の映像技術に関する特許出願における韓国企業の出願数がアメリカ企業に次いで世界2位であったという。
 韓国のCJグループも1995年にスティーブン・スピルバーグ監督らが製作会社ドリームワークスを設立する際に3億ドルを投資した事から映画業界に進出する切掛となった。その後、ドリームワークスから映画の配給、マーケティング、財務・管理などのノウハウに関して支援を受け米映画界と密接な関係を築いている。その中心人物が副会長のイ・ミギョンである。
 この流れは20年以上も前から動いていたと言う事である。社会において大きな事象が発生するのは偶然ではない。映画作成の拠点が韓国に移転する事も偶然ではないし、韓国大手企業もほとんどが外資によって支配されているのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 20 =