中国を訪問したフランスのマクロン大統領と欧州委員会委員長のフォン・デア・ライエンの目的は何か

Views: 1

 2023年4月6日、マクロン大統領とフォンデアライエン欧州委員長は中国首脳との会談をした。

 マクロンと習近平は共同会見で「ウクライナ戦争について協議し、核兵器を紛争から排除することで合意した。」と明らかにした。

 習近平とフォンデアライエンとの会談で習近平は「中国とEU関係の発展を中国外交の優先的方針としている。妨害や試練を共同で克服し、高水準の中国EU関係を実現することを望んでいる。」等の無難な内容であった。
 フォンデアライエンもまた「EUと中国は気候変動などグローバルな試練への対処や地域紛争問題の政治的解決において多くの認識を共有しており、共に努力して、世界の平和と安定の維持に貢献するべきだ。より多くの互恵協力を実施することを望んでいる。」等の具体的なものは無かった。

 中国の環球時報は6日の論説記事で、「米国の戦略上の走狗であり続ければ行き詰まるということは誰の目にも明らかだ。中仏関係を中国と欧州の協力体制への架け橋とするのは、両国と世界のどちらにも有益だ」と主張している。
 マクロンとフォンデアライエンは別々の飛行機で到着し中国入りしたが、入国時からの待遇も全く違うものであった。今回は、二人の待遇の差はどこから来ているのか?
 マクロンの本当の訪中目的は何であったのかについて述べる。

PAGE TOP