韓国が日本との通貨スワップを求めることは米国の要望でもある可能性がある

 現在の韓国はCOVID-19の影響で経済は瀕死の状態にある。3月20日、洪楠基経済副首相兼企画財政相は日本との通貨スワップについても様々な国と協定締結に努力すると発言した。
 実は日韓関係は、日米韓関係なのである。具体的にはアメリカは医療機材の調達を韓国企業に発注している。つまり韓国企業はアメリカの手下(資本金はアメリカ、企業名は韓国)という事なので自国の利益を上げる必要があるため韓国企業に倒産されては困るのである。すると日本政府に天の声が「韓国とのスワップ協定を締結せよ」と響くと安部首相は韓国の態度が気に入らなくても「ハイ、分かりました」と言うしかないのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です