COVID-19に対応する日本政府と官僚の動き

 COVID-19の対応に関して厚生労働省は全く動いていない。また、関連する法律も極端に要約すれば、「地方自治体は勝手に動くな」と解釈できるものである。このため地方自治体の病院等は発熱外来と称するもので対応している。
 実は財務官僚は金を出すと言っているのに国はダメと言っているという内容の官僚の愚痴が聞こえて来ている。非常にまずい事態であるが、こうなった背景に政府が官僚の人事権を握ってしまったことが原因で起こっているのである。今、日本の官僚は大きく二つの派閥に分かれている。出世第一主義で政府の言うことには全て従う者達とそうでない者達である。
 更に、ここに来て安倍首相も退陣する決心をしたと言う話も出てきている。つまり、これからは今までのように自分の考えを押し通すことは低くなると考えられているが、期待を込めて見守って行こうと思っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です