日本で言われる悪いことをするとバチがあたるという事について

 今回も少し変わった話をしようと思う。昔の人は悪いことをするとバチがあたると言っていたが、現在はあまり聞かれなくなったが死語になったのであろうか。
 実は支配層はこのシステムをまだ保有しているのである。支配層上位からの指示は非常に大雑把なために下位に降りてくると非常に過激になったり、本来なすべきことを自分の利益に結びつけて活動をした場合には排除されることになる。
 具体的な事例を挙げて説明をすれば理解し易いとおもわれるが、まだ関係者が存命であるため抽象的な説明となることを勘弁してもらいたい。
 支配層は過去から現在まで人種に関わらず世界的に政治家、起業家等の不正な行いを記録し続けている。これは情報機関を使いその人物が何をしているのか調べれば直ぐに分かることである。更に現代は通信の傍受が可能である。
 俗に言うバチがあたるとは、支配層が不要と決定した人物または血筋の者を排除する事であるが、直接本人に行くことは希で、忘れた頃に2代~3代目の子孫が排除されることになる。海外では銃器による暗殺、病死、事故による死亡等である。日本では暗殺、病死が主流である。
 不確かな情報であるが某国のアベ某は本人の代で排除される可能性が出てきている。既に彼は鬱の様になっており、吐血もしているとのことである。また、某国の政治家ニカイは2代目で彼の血筋は終わる可能性が出てきた。
 ここからは推測であるが、恐らく昔の日本を動かしていた人々はこのシステムを理解していたと思われる。そして現在の都市伝説の様に当時の日本人に伝わりバチがあたるという表現になったのではないだろうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 4 =