5G電磁波の危険性

 5Gは、小型基地局を人間が活動する或いは居住する地域に多数設置しなければならず、より高い周波数の電波を使用する。もともと人間が発生させている電磁波は低周波であろうが高周波であろうが、間違いなく人間の身体には良くないと言える。しかし、これは直ちに体調を悪化させることはない。希に電磁波に過敏な人には影響が出ている様である。大事な点は、直ちに影響が出ないということである。
 では5G電磁波を使い続けるとどうなるかと言えば、脳の中枢神経がヤラれてくる。そうすると肺が健康でも体内に酸素を取込む量が減少してくるのである。極端な場合には脳に酸素が供給されずに失神するか、死亡に至る。「直ちに影響が出ない」という言葉は福島原発が放射能を放出していた時にも使われていた。今は、原発事故から10年の経過に近づきつつあり、「直ちに」はとうに過ぎている。汚染被害エリアの癌患者の発生率、奇形児の発生率はどう変化したのであろうか。まあ中国も日本も平気でウソをつく政府であり国民の前には正しい情報として提供されることはない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です