南沙、西沙、尖閣における米海軍と中国海軍は直接戦闘になることはない。

 中国国内では習近平に反旗を翻す者も多くなり、少しのミスが彼に及ぼす影響が大きくなっている中で米海軍と中国海軍の対立は今にも戦争に発展しそうな報道をされている。しかし、あくまでアメリカと中国の上位組織レベルでコントロールされた軍事情勢である。
 そのため、米中の直接的な紛争に発展する事はあり得ない。しかし、両国が直接戦わずに代理の戦闘となる場合がある。東南アジア諸国では中国との戦闘は無理であり、アメリカの代理が出来るのは日本と韓国だけである。日本の海上自衛隊が駆り出される可能性があり、軍事だけではなく経済に及ぼす影響が出る事も考えられる。この場合には、最悪の経済的なシナリオとして、中国国内の日本企業の工場から日本人経営者・責任者が追い出されることになる。日本企業にとって痛手であるが、もともと中国に進出するということは、この様なリスクがあることを覚悟していた筈である。これまで工場等の運営に携わった中国人が、その動かし方を覚えているため日本人を追い出しても問題は生じずに工場が運営されることになる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です