ヨーロッパにおけるイスラム系テロの活動目的は

 2020年11月1日、フランス人中学校教師はムハンマドの風刺画を生徒に見せたということで、イスラム教過激派とされるチェチェン系ロシア人に斬首された。その後3日にはウィーン中心部の6カ所で銃撃があり、4人が死亡し、イスラム国(IS)が犯行声明を出した。11月3日、イギリス政府はテロの脅威評価レベルを5段階の上から2番目のレベルへと引き上げている。
 これまでのテロとは表面的に同じ様に見えるが、その目的はヨーロッパを掻き乱し、NATOを綻びさせる為の活動であり、NATOを敵視する複数の国であるが、その中で中国が関わっている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です