中国国内で不満分子を後押しする秘密結社

 中国国内では、爆発は日常的なものであるが、2020年から2021年にかけて、浙江省化学プラント、天津自動車工場、南京石油プラント、山東省金鉱山等で爆発が起きている。その他にも被害規模の小さなものは隠している様である。
 中国国内は日本人が考える以上に人種差別が酷く中国政府に恨みを持つ人達は非常に多い。
 これらの爆発は秘密結社が直接実行していないが、不満分子を後押して間接的に実行しているものである。中国の治安機関である公安部が動いているため、今後は報道しても問題の無い部分は発表されることになる。あくまで隠すべきものは隠し通す中国共産党政府であるが、時期が来てゴーサインが出されると中国に多数存在する秘密結社は莫大な資金手にし、主として資金運用により中国経済にダメージを与え国家分裂の危機を発生させる。以下は推測であるが、もしかすると不満分子を抱き込み国内で同事多発的なテロ行為を起こす可能性もあると思われる。
 この他に、国家主席である習近平が表に出て来ていないとの話が出ているが、不満分子の存在と新型コロナウイルスの感染が拡大しているためであり、今の時期は表に出て来る必要が無いことも関係しているとの情報がある。
 いずれにせよ、時期が来れば中国は、国内の秘密結社の活動と外国の金融活動により中国は分裂して共和制に移行することになる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + one =