ヨーロッパが受け入れた移民達は時間をかけて殲滅される

 現在、ヨーロッパでは移民・不法移民達の数は多く、彼等は移民先の国で暴動を起こしたり現地住民達に暴行、強盗をしたり、女性達をレイプする等の非道な振る舞いをしており、特にイギリス、フランス、ドイツ、スウェーデンで過激であると言う。犯罪者達の手口は実際に犯行をしている者を他の移民者が取り囲み人間の壁で見えなくする巧妙な動きのため現地警察は犯人を特定することさえ出来ず手も足も出ない状況にあるという。唯一できるのが自国民に「夜で歩くな。」、「危険な地域に近付くな。」と言う事だけである。
 特にフランスではパリ市内の移民・不法移民による暴動が常態化しており、フランス軍の将軍達が内戦の危機を訴えてマクロン大統領の退陣を求めている。以前述べた様にフランス国内では純粋なフランス人はほぼ居ないと言われている様に混血化が進んでいる事から内戦が起きやすい状況にある為である。
 フランス政府は不法移民・難民の管理強化し不法移民の滞留防止の政策を出してはいるが、産業分野では能力のある外国人を積極的に受け入れる方針も打ち出したが細部は決定していない。
 日本に旅行してくるヨーロッパ人や日本で仕事に就くヨーロッパ人は、出来るならば日本に住みたいと言うが、その理由の一番は日本は安全な国であること、ヨーロッパは以前の様に安全では無いと言うことが大きな理由として上げられている。
 ではこのままヨーロッパは移民・不法移民に蹂躙される国々ばかりになるのであろうか? 答えは「違う。」である。ヨーロッパ各国から「移民は中止すべきである。」との意見が出始めた頃に、支配層から移民は将来殲滅するという方針が決定されている。
 現在、ヨーロッパは新型コロナウイルスの感染被害により死亡者も増加傾向にある。ヨーロッパ人が減った頃から移民の殲滅は始まるのである。これは急激に行われる事ではなく。さざ波の様に静かに時間をかけて進行し最終的に移民は殲滅させられるのである。
 ヨーロッパがこの様な動きをするという事は、ユーラシア大陸、中東、アジア全域でこの様な動きになると言う事である。
 移民を入れて国内で暴動を起こさせることも、将来、移民を殲滅することも全て人口削減と金儲けが関係している。決して人道的観点が第一ではない。

Follow me!

ヨーロッパが受け入れた移民達は時間をかけて殲滅される” に対して1件のコメントがあります。

  1. mirai より:

    人口削減に就いてのアジェンダの計画と実行は、北風政策なのか、太陽政策なのかという事だろう。日本は人口を増加させないという太陽政策で見事にそれを果たして見せたが、中国やインドやアフリカなどは、制御出来ない状況なのだろう。移民という問題の種子を埋め込むことで欧州は不安定化したし、暴動や疫病、戦争により人口削減を行うという言わば北風政策は延々と続いてきた手法でも有る。中国と日本の人口計画として合わせて6億人とかという噂を聞いたが、その内、6000万人程度が日本人であるとすれば、相当数の中国人が不要という話なのかも知れない。ローマクラブの警鐘と計画は随分と以前からで有ったが、今後の温暖化ならぬ寒冷化となれば食料問題も逼迫する事になる。テクノロジにより生存しうる人口は100億程度までは行けるという話もあるのだが、支配と被支配層の断層は思いのほか大きなギャップであるのかも知れない。人間の遺伝子の多様性を確保する上でもある程度の人口が本来望ましいと捉えているのだが、今回の任意のワクチンによる選別もコンテクストを読めるかどうか、その各人のリテラシーによる層別で有るように見えて成らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です