天皇陛下の情報ネットワーク

 2021年6月24日、NHKによると宮内庁の西村長官は定例記者会見で、「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と述べた。
 来月開幕するオリンピックについて、関係機関が連携して感染防止に万全を期してもらいたいとする考えを示した。
 これに対し、加藤官房長官は、24日午後の記者会見で「宮内庁長官ご自身の考え方を述べられたと承知している。東京大会では、安全・安心な大会を実現し、国民の皆さんに安全だと思っていただけるよう取り組んでいくと申し上げてきた。引き続き、関係者と緊密に連携し、安全・安心な環境を確保することを最優先に、大会に向けた準備を着実に進めていきたい」と述べた。
 大会組織委員会の武藤事務総長は「国民や都民の皆さまの不安がないように安全安心な大会を開催するということが責務なので、その実現に向けて最善を尽くしたいと思う」と発言した。
 しかし、オリンピック開催以降は新型コロナウイルス対策として定めたはずのルールが守られていないと言う。そしてオリンピック開催以降、東京都民、近傍県の外出が増加すると共にコロナ感染者数も過去最多となっている。間もなく日本でも変異したウィルスはラムダ株として出て来るはずである。
 天皇陛下は単にコロナ感染について心配して考えを述べられたのだろうか? 実のところ天皇陛下は官邸に報告される情報以上の高度な情報を外務省を経由する事なく入手出来るのである。それは海外の王族等とのネットワークを持っているためである。
 海外の関係筋から入手した情報では、今回イギリスから「オリンピック開催によりコロナウイルス感染者が増加する可能性が極めて高い。」と聞いた事からの動きであると言う。天皇陛下は入手した情報を政府にも漏らす事が出来ないため、宮内庁長官の発言となった訳である。
 この他にもイスラエルの12支族の末裔は変革の時期である現在を生き残るために動き出している。経済あっての血脈なのである。そして現皇室もその中の1支族であるとともに、国家が牧場で国民が羊であるならば12支族は羊飼いの立場にある。しかしバカな日本政府はこれに気付く事はない。
 IOCバッハ会長もイスラエル支族の血統であるが、直系ではなくハザールと混血している。だからこそ日本式の挨拶が出来るのである。
 熟々、日本の政治屋は国民は後回しで、自分の金儲けしか考えない者達であるが、言われた通りに動く国民も私を含めて知らず知らずに劣化して来ているのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + eleven =