2025年頃に向けた動きが始まった

 2021年11月16日、中国は「日本は縄文・弥生時代から中国(旧国名を含む)の影響を受けて来た。」と主張を始めたとの話が入った。
 これは「日本が過去に大陸の支配下にあったことを利用する中国」の続きとなる話である。なぜか中国の発表の後に韓国も「大和朝廷が樹立された以降、朝鮮半島から日本へ移住した者が、日本の文化に影響を与えて来た。」と主張を始めた。これに対して日本は何も反応せずにいる。
 前回の中国調査団の来日では日本は中国からの移民の末裔であると言う根拠となる資料を発見した可能性はある。今後、中国から正統な歴史的根拠を突きつけられ日本は中国の末裔であると主張されれば、日本人はどの様な反応をするのであろうか?
 今回、韓国も加わって日本文化は日本人が独自に創り上げたものではなく、朝鮮半島からの渡来人が関係していると主張していることは、いつもの様に韓国のホラ話だと笑い飛ばす訳にはいかない。中国の指示を受けて動いているのである。だからこそ中国が発表した後で韓国が発表し、縄文・弥生時代ではなく大和朝廷以降となっているのは中国への気配りである。
 そして、この動きは2025年頃に向けて中国が韓国を巻き込んで日本へ移民を送り込む準備でもある。
 現在、民主党政権時代に購入した新潟の中国領事館建設予定地に工事の動きは認められない。完全に確認が取れた話ではないが、あの時期に民主党が政権についたのは、新潟の土地を中国に売る目的もあったと言われている。自民党政権では中国に土地を売却すると騒ぎ出す為である。その後、東日本大震災が発生し民主党から自民党に政権が復帰する切っ掛けとなった。
 その他、2021年11月14日2230、二階堂ドットコムに掲載された記事に何か意味ありげな内容が存在する。
<転載開始> 
 白頭山噴火の兆候かもしれないと、また連絡がありました。ただそれだけ。その場合、東北と北海道に影響がある。
<転載終了>
 上記は、そのまま受け取れば文字通りであるが、北朝鮮の金正恩に関する動向を特定の人物達だけに知らせる隠語の可能性がある。隠語として受け取れば、その意味は「朝鮮半島と東日本を統治する為の金正恩の動きが始まった様だ。」、「日本への朝鮮族移民で影響を受けるのは東北と北海道である。」となる。
 考えすぎと言われればそこで終わりである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eleven =