2025年頃の日本の状況

 2025年頃になると中国からかなりの朝鮮族が東日本へ入っているはずであり、令和天皇は東京の皇居から京都または岡山へ移ることになる。京都御所は候補の一つであるが過去の歴史には忌まわしいものがあるために好んで入ることは難しいと考えられている。どちらにせよ既に八咫烏はその準備をほぼ完了しており天皇が移る際には宮内庁も移動する事になる。
 では東日本はどうなるのであろうか、別の人物が東日本を統治する事になるが、皆さんも写真やテレビで見覚えのある人物である。
そのため新たな統治者を擁立する者達は既に着々と国内でその準備を進めている。
 東日本と西日本の天皇は未定であり現時点では定まっていない。東西に分かれる日本であるが我々庶民は普通に東西に行き来できる様である。経済が東西に分かれた場合には自衛隊も警察も同じく分かれる事になる。
 真の統治者は支配層の連中であり国に所属する人物達として説明する事は誤りとなるため、国境という概念を持たず古くから他国を植民地として裏から分離統治してきた歴史と経験を蓄積している者達である。彼らは75年も前からこの計画を作り日本人に全く気付かれることなく計画を実行してきたのである。
 このため彼らはいつでもどの様にでも東西天皇を決定できるし、経済は分離することも今の体制を維持することも思いのままである。
 西日本はどうなるかと言えば今のろくでもない政治家や起業家達が西に行くため悲惨な状況になる。
 ここまで読んで本当かなと思う人は多いはずであるが、実は今の日本も裏では分離統治されているのである。以前に支配層は表に出ず裏から支配すると書いたがそれが行われているのである。何故、電力周波数は東西で50Hzと60Hzになっているのだろうか、本来は統一した方が何かと便利にも関わらず統一した周波数になっていない。戦後の復興でもチャンスはあったはずである。
 我々は学校等で教わらない事はないものとして無意識のうちに信じこまされているのである。微調整はあるにしろ大体この様に動くので嘘か本当かは2025年頃を実際に体験すれば良いだけである。
できればこれが嘘の情報であって欲しいものである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です