COVID-19は米軍が持ち込んだとする中国の主張とアメリカの対応の意味

  中国外務省の趙立堅副報道局長が12日、自らのツイッターで、新型コロナウイルスは「米軍が武漢に持ち込んだ可能性がある」とツイートしたが、これは2019年10月18日、武漢でミリタリーワールドゲームズが開催された以降にCOVID-19の感染が始まったとことから、中国側がアメリカが米軍を使用して感染をさせたと推測し事実を探るためにツイートしたものである。
 これを受けてトランプ米大統領が16日、ツイッターで、世界的規模で感染が拡大し続けるCOVID-19を「中国ウイルス」とツイートした。これは中国側が「米軍を使ってやったんだろう?」と言ったことに対しアメリカは「何を無礼な事を言う」と反応しただけで相互に政治的決着はついているのである。
 つまりアメリカが実際にCOVID-19を中国で米軍を使い武漢市民に感染させたのであれば中国の問いかけにやった側は沈黙するのである。それをトランプ大統領がツイートで返したことでアメリカはやっていないと中国が判断したのである。それ以降は大きなニュースにもなっていない事からも理解できると思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です