秋の解散・選挙の話は首相が精神的に病んでいるためか

 これまで安倍首相は森友学園問題、アベノマスク、前東京高検検事長問題等で叩かれて来たが、現在は、新型コロナウイルスの感染者数が増加しているため、もう一度緊急事態宣言を発令すべきだという意見と、経済へ甚大な打撃を与えるので再発令は避けるべきだという意見があるが、処理しきれない安倍首相は既に精神を病んでいるという話が聞こえて来ている。
 これに気付いている麻生太郎は、再度総理をやりたくて仕方がない様子で、国会を閉じたその日の夜に飲食なしの政治資金集めのパーティーを開いている。他の政治家も、これでは解散し選挙しかないと思っているであろう。
 首相が機能しない官邸を仕切っているのは菅官房長官である。
 三大都市圏で過去最多の新型コロナウィルスが蔓延している状態で、大雨で熊本が大被害に遭っているのに国会は開かれていない。春に新型コロナウィルスの感染者が増加中でも国会は開かれなかった。本来は首相が主導して対策を検討すべき状況であるが危機に際して機能しない政府である。では実際に解散して選挙で選ばれるのはまともな政治家かと問われれば、選ばれるのは国民の役に立たない自分の利益だけを考える政治屋であり、選挙後も日本はまともに機能しない可能性がある。なぜならば秋から新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加する可能性が高いためである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です